コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

公開日: 更新日:

 3万円を突破したコロナ相場は、米国株市場に揺さぶられ、乱高下している。日本株の6割は海外の投資家が買っているのだから、その連動ぶりは半端ない。

 つまり、米国株が上昇を続けたり、高値をキープしたりしている間は日本の株高も安心ということだが、だからこそ、米国株の暴落の兆しには気をつけてほしい。とくにGAFA株などが絶好調のナスダック市場の動きからは目が離せない。

 思い出すのは1990年代後半から始まったITバブルだ。あのバブルには伏線があって、世界経済はアジア通貨危機やロシア財政危機で混乱。さらに巨大ヘッジファンドLTCMの破綻危機などが迫り、米FRBは3カ月連続で利下げを実施。これが株バブルに火をつけた。

 当時、インターネット関連の新興企業が次々と起業していて、それらの株に人気が集中。ナスダック指数は96年は1000前後だったが、あっという間に1500、2000を突破し、4年後の2000年3月に指数は5倍の5048までハネ上がったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る