天安門車両突入事件は習近平体制崩壊の“予兆”か

公開日:  更新日:

<格差、大気汚染、毒食品、汚職で不満はピーク>

 終わりの始まりかもしれない。毛沢東が建国宣言をした天安門の前で28日、5人が死亡し、日本人1人を含む38人がけがをする車両突入事件が発生した。いまだに詳細は分かっていないが、現場は、国家指導者が会議を行う人民大会堂もある政治の中心だ。習近平主席が執務する中南海にも近い。矛盾と不満が渦巻く国家に崩壊が迫っている――。

 事件は、現地時間の28日正午ごろに起きた。1台のスポーツ用多目的車が歩道に乗り上げて群衆をはねた後、天安門につながる橋の欄干にぶつかって炎上。乗っていた3人は死亡した。
“聖地”で発生した死傷事故である。普通なら大騒ぎだが、中国外務省の華春瑩副報道局長は「状況を把握していない」とダンマリである。国営放送の主要ニュース番組も、事件を伝えなかった。それだけ当局はピリピリしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る