天安門車両突入事件は習近平体制崩壊の“予兆”か

公開日: 更新日:

<格差、大気汚染、毒食品、汚職で不満はピーク>

 終わりの始まりかもしれない。毛沢東が建国宣言をした天安門の前で28日、5人が死亡し、日本人1人を含む38人がけがをする車両突入事件が発生した。いまだに詳細は分かっていないが、現場は、国家指導者が会議を行う人民大会堂もある政治の中心だ。習近平主席が執務する中南海にも近い。矛盾と不満が渦巻く国家に崩壊が迫っている――。

 事件は、現地時間の28日正午ごろに起きた。1台のスポーツ用多目的車が歩道に乗り上げて群衆をはねた後、天安門につながる橋の欄干にぶつかって炎上。乗っていた3人は死亡した。
“聖地”で発生した死傷事故である。普通なら大騒ぎだが、中国外務省の華春瑩副報道局長は「状況を把握していない」とダンマリである。国営放送の主要ニュース番組も、事件を伝えなかった。それだけ当局はピリピリしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る