天安門車両突入事件は習近平体制崩壊の“予兆”か

公開日:  更新日:

<格差、大気汚染、毒食品、汚職で不満はピーク>

 終わりの始まりかもしれない。毛沢東が建国宣言をした天安門の前で28日、5人が死亡し、日本人1人を含む38人がけがをする車両突入事件が発生した。いまだに詳細は分かっていないが、現場は、国家指導者が会議を行う人民大会堂もある政治の中心だ。習近平主席が執務する中南海にも近い。矛盾と不満が渦巻く国家に崩壊が迫っている――。

 事件は、現地時間の28日正午ごろに起きた。1台のスポーツ用多目的車が歩道に乗り上げて群衆をはねた後、天安門につながる橋の欄干にぶつかって炎上。乗っていた3人は死亡した。
“聖地”で発生した死傷事故である。普通なら大騒ぎだが、中国外務省の華春瑩副報道局長は「状況を把握していない」とダンマリである。国営放送の主要ニュース番組も、事件を伝えなかった。それだけ当局はピリピリしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る