• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

天安門車両突入事件は習近平体制崩壊の“予兆”か

<格差、大気汚染、毒食品、汚職で不満はピーク>

 終わりの始まりかもしれない。毛沢東が建国宣言をした天安門の前で28日、5人が死亡し、日本人1人を含む38人がけがをする車両突入事件が発生した。いまだに詳細は分かっていないが、現場は、国家指導者が会議を行う人民大会堂もある政治の中心だ。習近平主席が執務する中南海にも近い。矛盾と不満が渦巻く国家に崩壊が迫っている――。

 事件は、現地時間の28日正午ごろに起きた。1台のスポーツ用多目的車が歩道に乗り上げて群衆をはねた後、天安門につながる橋の欄干にぶつかって炎上。乗っていた3人は死亡した。
“聖地”で発生した死傷事故である。普通なら大騒ぎだが、中国外務省の華春瑩副報道局長は「状況を把握していない」とダンマリである。国営放送の主要ニュース番組も、事件を伝えなかった。それだけ当局はピリピリしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る