元キャスターの小池百合子にとって大事なのは「知る権利」より「ゴマスリ」

公開日: 更新日:

 トシを取って初心を忘れたのか。小池百合子元防衛相(61)が28日に国会で、新聞社や通信社が報じている「首相動静」について、「知る権利を超えているのではないか」とイチャモンをつけた。米英など主要15紙について国会図書館に調べさせ、「首相動静のような記事は確認できなかった」と指摘。「何を伝えてはいけないのかの精査もしていただきたい」と強調した。

 何でも伝えるテレビキャスターだったとは思えない発言である。少しでも報道に携わってきたのなら「知る権利」の重要性を理解しているはずだ。政府が情報に制限を加えたり、コントロールしたりするようになれば、この国は中国や北朝鮮と同じ。だからマスコミ関係者は、知る権利を守り民主主義を守るために仕事をしている。元大臣もそうじゃなかったのか。まさか目立ちたい一心でキャスターをやっていたわけではないだろう。権力をウオッチする必要性を理解していたのではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る