麻生財務相「為替介入」発言で アベクロ“亀裂”深まる

公開日: 更新日:

 アベクロに亀裂? 兜町が騒いでいる。蜜月関係だった安倍晋三首相と日銀の黒田東彦総裁の間に、微妙な温度差が出てきたというのだ。

「為替政策の食い違いです。黒田総裁は、今のドル円相場に不満を持っていて、もう一段階の円安を望んでいます。ところが、安倍首相は米国の意向をくんで現状維持の立場だといいます。静かな対立ですが、市場は固唾(かたず)をのんで見守っています」(証券関係者)

 2人がせめぎ合うなか、麻生太郎財務相は14日、参院の財政金融委員会で、「一方的な円安、急激な円高といった動きにはきちんとしたシグナルを送る」と為替介入を示唆する発言をした。

 外貨準備高を管理する外国為替資金特別会計(外為特会)の運用方法見直しに関する質疑での発言だったが、市場は敏感に反応。麻生発言後、為替は円安に振れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る