総額1300億円「豊洲新市場」 ゼネコン連合“入札不調”の衝撃

公開日: 更新日:

 ゼネコン連合が総額1300億円の巨額工事を「安すぎる」と退けた。東京都は18日、築地の中央卸売市場の移転に向け、豊洲新市場の建設工事の入札を実施した。すると、主要4施設のうち3施設で、都の予定価格と参加業者の見積もりが釣り合わず、落札なしの「入札不調」に終わったのだ。

「都は2016年2月の新市場完成を目指しています。工期の都合上、再入札では予定価格を引き上げるしかなさそうです」(都財務局関係者)

 入札不調の3施設とは新市場の青果棟、水産仲卸売場棟、水産卸売場棟。都の予定価格は順に約160億円、約260億円、約208億円だった。唯一、関東建設を代表としたJV(共同事業体)が落札した「管理施設棟」(約70億円)を含めると、建設費の合計は698億円に上る。

 入札に参加したのは3施設とも1つのJVのみ。青果棟は鹿島、仲卸棟は清水、卸棟は大成を中心とした各JVで、大林組や竹中工務店など計21社が連なっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る