総額1300億円「豊洲新市場」 ゼネコン連合“入札不調”の衝撃

公開日:  更新日:

 ゼネコン連合が総額1300億円の巨額工事を「安すぎる」と退けた。東京都は18日、築地の中央卸売市場の移転に向け、豊洲新市場の建設工事の入札を実施した。すると、主要4施設のうち3施設で、都の予定価格と参加業者の見積もりが釣り合わず、落札なしの「入札不調」に終わったのだ。

「都は2016年2月の新市場完成を目指しています。工期の都合上、再入札では予定価格を引き上げるしかなさそうです」(都財務局関係者)

 入札不調の3施設とは新市場の青果棟、水産仲卸売場棟、水産卸売場棟。都の予定価格は順に約160億円、約260億円、約208億円だった。唯一、関東建設を代表としたJV(共同事業体)が落札した「管理施設棟」(約70億円)を含めると、建設費の合計は698億円に上る。

 入札に参加したのは3施設とも1つのJVのみ。青果棟は鹿島、仲卸棟は清水、卸棟は大成を中心とした各JVで、大林組や竹中工務店など計21社が連なっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る