総額1300億円「豊洲新市場」 ゼネコン連合“入札不調”の衝撃

公開日: 更新日:

 ゼネコン連合が総額1300億円の巨額工事を「安すぎる」と退けた。東京都は18日、築地の中央卸売市場の移転に向け、豊洲新市場の建設工事の入札を実施した。すると、主要4施設のうち3施設で、都の予定価格と参加業者の見積もりが釣り合わず、落札なしの「入札不調」に終わったのだ。

「都は2016年2月の新市場完成を目指しています。工期の都合上、再入札では予定価格を引き上げるしかなさそうです」(都財務局関係者)

 入札不調の3施設とは新市場の青果棟、水産仲卸売場棟、水産卸売場棟。都の予定価格は順に約160億円、約260億円、約208億円だった。唯一、関東建設を代表としたJV(共同事業体)が落札した「管理施設棟」(約70億円)を含めると、建設費の合計は698億円に上る。

 入札に参加したのは3施設とも1つのJVのみ。青果棟は鹿島、仲卸棟は清水、卸棟は大成を中心とした各JVで、大林組や竹中工務店など計21社が連なっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  4. 4

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  10. 10

    満員電車上等!テレワークより出社を希望する社員のホンネ

もっと見る