新市場が起爆剤 1万3000人が移り住む「豊洲」の大激変

公開日: 更新日:

<小中高等学校、病院もオープン>

 工事車両と作業員が行き交うだけの殺風景な埠頭が、人口1万3000人のモダンな町に生まれ変わる――。市場移転を起爆剤に大胆な変貌を遂げるのが豊洲だ。

 五輪開催は、恐らくブームが一段落したころになる。新市場の完成は2015年度。築地から南東に2.4キロ、晴海と有明に挟まれた豊洲埠頭に、40ヘクタールの新しい台所が誕生する。

「どの仲卸さんがどの場所に入るのか。指定の手続きやスケジュールを含めて、業界の方との協議はこれからです。開場の時期も決まっていません。ただ、もちろん東京五輪の前にはオープンしているはず。せっかくですから、多くの方に足を運んでもらいたいですね」(東京都中央卸売市場広報担当者)

 現在は土壌汚染の対策工事が急ピッチで進められている。汚染が認められたのは771カ所。うち486カ所が8月末までに完了した。改善率は63%に達している。広さは築地の1.7倍。閉鎖型施設で温度管理が可能なこともあり、見学コースも整備される。民設民営の千客万来施設も併設される予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る