• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PC遠隔操作初公判 やっぱり5人目の誤認逮捕なのか

 元IT関連会社社員、片山祐輔被告(31)の逮捕から、ほぼ丸1年。PC遠隔操作事件の初公判が12日、東京地裁で開かれた。一連の事件では12年6~9月、警視庁など4都府県警が男性4人を誤認逮捕。片山被告が“5人目”となる可能性もゼロではない。

「検察側が請求する証拠は約640点。決定的な証拠がひとつもないことの裏返しで、検察の焦りがうかがえます」(司法ジャーナリスト)

 片山被告も「徹頭徹尾、事実無根です」と無罪を主張。自ら冒頭陳述も行ない、「PCやスマートフォンを遠隔操作され、真犯人の身代わりにされた」と訴え、「真犯人」は別にいるとした。

 検察が最も重要視しているのは、片山被告の職場のPCから遠隔操作ウイルスを作成したことを示す文字列が見つかったことらしいが、これまで4人が遠隔操作のせいで誤認逮捕されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る