敵少なく推薦入閣…竹下亘復興相はDAIGO人気にも便乗

公開日: 更新日:

 政治家としてマトモな実績は、見つけるのが難しいほどだ。安倍政権になってからの2年間で竹下氏が国会で質問に立った回数はゼロ。質問主意書も提出していない。議員立法の発議もなし。

 もっとも、「俺が俺が」の出しゃばるタイプではないから党内に敵は少ない。厚生労働部会、財務金融部会の勉強会に参加し、副幹事長、選対局長代理を歴任。安倍が総裁に返り咲くと組織運動本部長に抜擢された。

自民党の政治運動全体を束ねる責任者で、野党時代に菅官房長官も務めた重要ポストです。竹下氏は在任中、120万党員獲得キャンペーンを展開しました」(自民党関係者)

 事務総長を務める額賀派の推薦で初入閣。震災直後から「国土強靱化」を強調し、山陰道(安来~益田間)の全線早期開通を目標とする亘にとって、復興相はまたとないポストに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る