• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右翼発言だけじゃない 高市早苗総務相は夫婦で原発推進派

■高市早苗総務相(53=奈良2区、当選6回)

「ポチ」と陰口を叩かれても安倍首相に忠誠を尽くし、まんまと再入閣を果たした格好の高市早苗総務相(53)。自民党の政調会長だったのに、党内から異論が噴出しても「これは官邸の意向ですから」と押し切ってきた。

 一昨年の総裁選の開票の時には、わざわざ安倍首相の隣に座り「安倍総裁」が決まった瞬間、大泣きしながら、じっと首相を見つめて存在をアピール。首相も入閣させざるを得なかったのだろう。

●61年、奈良市生まれ。神戸大卒後、政経塾5期生に。87年に渡米。93年無所属で初当選。

「最初、自民党に接触していたのに、自民党が下野すると手のヒラを返して、自民党離党組の新党に参加しています。その後、新進党に合流し、96年10月に新進党公認で再選されるのですが、いつの間にか離党し、同年12月、政権に復帰した自民党に入党しています。自民が落ち目になれば非自民、非自民がダメになれば自民。政経塾時代から『政治家になりたい』と上昇志向は強かったけど信念はゼロです。ただ、権力者に近づく能力はピカイチですね」(自民党事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る