領収書で発覚 麻生財務相が“浄財”で「初心者向け政治本」購入

公開日:  更新日:

「神の水」に「ガリガリ君」「なっちゃん!」や秘書のひとり飯まで……。日刊ゲンダイは安倍首相の政治資金のデタラメ使途を追及してきたが、このたび、ほぼ全閣僚の10~12年分の少額領収書の写しを入手した。中身を精査すると、出るわ出るわ。怪しい支出のオンパレードだ。まずは、麻生財務相のデタラメぶりから追及する。

■390円マックで政治“会合”の不自然

 小渕・松島両前大臣が昨年10月下旬に政治資金問題でダブル辞任した直後から、本紙は安倍内閣の全閣僚の政治資金の使途をチェックするため、総務省に各大臣の資金管理団体が保管していた1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書」の情報開示を請求してきた。

 待たされること約6カ月。その間、菅官房長官による異例の“チェック”が入ったとも報じられたが、総務省がようやく開示決定したのは連休前のこと。なるほど、菅長官がチェックしたくなるほど、中身はデタラメばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る