「マイナンバー汚職」飛び火? 経産省も賄賂業者に13億円発注

公開日:  更新日:

 厚労省が21日、マイナンバー汚職事件の再発防止策として外部の弁護士や大学教授を招いた「監察本部」を開いた。塩崎厚労相は「一刻も早く国民の信頼を取り戻さなければいけない」としおらしかったが、疑惑の役人は収賄で逮捕された中安一幸容疑者(45)だけなのか。他省庁の官僚たちにも飛び火する可能性が出てきた。

 この日は、民主党が厚労部門会議を開催。厚労省の幹部職員6人が出席したが、民主党が準備した28項目の質問には「調査中」「監察本部で検討する」などと繰り返し、のらりくらり。議員も呆れ顔だったが、気になる回答は他省庁から出てきた。

 中安容疑者にワイロを贈った「日本システムサイエンス社」について、民主党が他省庁にもマイナンバー関連事業の請け負い状況を確認させたところ、驚きの事実が分かった。

 別表の通り内閣官房1件、総務省1件、経産省は6件の契約を結んでいた。経産省は約13億円もの事業を発注。09~15年の間に計6件、15億円を発注した厚労省とほぼ匹敵する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る