汚職役人はトカゲの尻尾…責任逃れに終始した厚労省の厚顔

公開日: 更新日:

 塩崎恭久厚労相は16日、マイナンバー汚職事件について謝罪。再発防止策として外部の弁護士らを呼んで「監察本部」を開くとしたが、その裏で官僚たちは責任逃れ、恥知らずの対応に終始している。

 この日は民主党が厚労部門会議を開き、山井和則衆院議員らが汚職について担当者にヒヤリングしたが、その説明がヒドかった。

 収賄容疑で逮捕された中安一幸容疑者(45)の出勤状況や勤務態度に関する質問が集中。中安容疑者が週に半分も出勤していなかったと報じられたためだが、担当者は「調査中」と繰り返すばかり。むろん、担当者が上司に確認すれば、すぐ答えが出ることは言うまでもない。

 他の質問にも「捜査中で回答は控えたい」などとのらりくらり。再発防止策についても「監察本部で検討します」と明言を避けた。山井議員らは「期限を決めてすぐに調べてほしい」と訴えたが、結局、担当者は具体的な回答から逃げ続けて会議は終了した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る