• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第1回>編集部内で緊張が走り、いよいよ部員総出のオウム取材シフトとなった

投稿日:  更新日:

「菊地直子は無罪」

 2015年11月27日、東京高裁は殺人未遂幇助罪に問われた元オウム真理教の菊地直子被告(44)に逆転無罪を言い渡した。

 1995年5月、オウムは東京都知事・青島幸男宛てに小包爆弾を送り、東京都庁内で爆発させ都職員に重傷を負わせた。犯行の際、爆弾製造のための薬品を運んだのが“走る爆弾娘”の菊地被告。特別指名手配され17年間逃亡していた彼女だが、東京拘置所から釈放され、マスコミで大きく報じられた。

 しかし12月9日、東京高検は菊地被告の東京高裁判決を不服として上告した。20年経ったいまも、オウム事件は社会に波紋を広げている。

 1995年3月の私は、オウムがそこまでの問題になるとは想像していなかった。同年1月17日、6434人が亡くなる阪神・淡路大震災が発生し取材をしていたため、どちらかというとそちらに傾注していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る