中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第1回>編集部内で緊張が走り、いよいよ部員総出のオウム取材シフトとなった

公開日: 更新日:

「菊地直子は無罪」

 2015年11月27日、東京高裁は殺人未遂幇助罪に問われた元オウム真理教の菊地直子被告(44)に逆転無罪を言い渡した。

 1995年5月、オウムは東京都知事・青島幸男宛てに小包爆弾を送り、東京都庁内で爆発させ都職員に重傷を負わせた。犯行の際、爆弾製造のための薬品を運んだのが“走る爆弾娘”の菊地被告。特別指名手配され17年間逃亡していた彼女だが、東京拘置所から釈放され、マスコミで大きく報じられた。

 しかし12月9日、東京高検は菊地被告の東京高裁判決を不服として上告した。20年経ったいまも、オウム事件は社会に波紋を広げている。

 1995年3月の私は、オウムがそこまでの問題になるとは想像していなかった。同年1月17日、6434人が亡くなる阪神・淡路大震災が発生し取材をしていたため、どちらかというとそちらに傾注していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  10. 10

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

もっと見る