中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第4回>秋葉原にあったオウム経営のパソコンショップは耐えられない刺激臭に満ちていた

公開日: 更新日:
地下鉄サリン事件(C)日刊ゲンダイ

「チョーチョーチョー激安(ゲッキヤス)!」「チョーチョーチョー激安(ゲッキヤス)!」「ダスブイが!」「ダスブイが!」「激安だっ!」「激安だっ!」

 パソコンを模した変な帽子やヘッドギアを装着した数人が大声で掛け合いする光景に出くわしたのは1995年の…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る