中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第8回>オウム道場の取材を終えるとリポーターに「あなたは信者ですか?」と取り囲まれ…

公開日: 更新日:
警察関係者らで騒然とするオウム道場(C)日刊ゲンダイ

「そんなことやっていません、皆さんの言いがかり。それは恐らく、オウムを敵視するスパイの仕業です」

「オウムが何者かに狙われていて、殺人ガスで施設が攻撃されている。宗教弾圧だ」

「ああ言えば上祐」といわれた教団スポークスマ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

もっと見る