岩城法相は答弁不能で立ち往生…安倍政権は無能大臣だらけ

公開日:  更新日:

 岩城光英法相(66)が、TPPについて全く理解していないことが明らかになった。

 9日の衆院予算委員会で、外国企業と訴訟になった場合、国際機関と日本の最高裁判決のどちらが優先されるのか野党議員に問われたが、答えられず、審議が度々ストップ。岩城大臣はシドロモドロになりながら、「どちらも有効。当事者が選択することも可能だ」と答えた。竹下亘予算委員長も「答弁できますか?」と呆れ顔だった。

 8日の予算委でも、「国際交渉だから法務省には答えられない」「国内では最高裁判決が優先する」と意味不明の答弁を連発していた。

 野党にとっては格好の標的だ。

■丸川環境相は問題発言を謝罪

 丸川珠代環境相も“問題発言”を国会で追及され、謝罪した。問題になっているのは、丸川大臣が7日に長野県松本市で行った講演での発言。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る