パンツ泥の物証存在も…高木大臣が辞めない身勝手な理由

公開日:  更新日:

 “パンツ泥”疑惑や選挙区内への香典配布問題などで火ダルマ状態の高木毅復興相(59)。8日の衆院復興特別委員会では、パンツ泥の現場目撃者が残した“物証”まで飛び出したが、あくまで「問題ない」と言わんばかりの態度で「復興相の職責を全うする」と、改めて辞任を否定した。

 高木大臣が“大臣”のイスにこだわるのには、どうやら自分勝手なワケがあるようだ。

〈福井56 や 14-47〉

 きのうの復興特別委で質問に立った民主党・柚木道義衆院議員(43)が示した“物証”には、鉛筆でこう記されている。

 約30年前に福井・敦賀市内で“パンツ泥”の被害に遭った一軒家に横付けされた車のナンバーを、目撃者がとっさの判断でアイロン台に残したメモ書きだ。週刊誌報道によると、メモのおかげで車の持ち主である“犯人”が高木大臣だと判明したとされる。

 柚木に「この車のナンバーに記憶はないか」と問われた高木大臣は、蚊の鳴くような声で「記憶にありません」と振り絞った。結局、「週刊誌報道の内容全てが事実無根」と言い切ったが、柚木に「ナンバーを運輸局で照会し、疑惑を晴らせ」と言い詰められると「その必要はないと思う」と逃げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る