日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パンツ泥の物証存在も…高木大臣が辞めない身勝手な理由

 “パンツ泥”疑惑や選挙区内への香典配布問題などで火ダルマ状態の高木毅復興相(59)。8日の衆院復興特別委員会では、パンツ泥の現場目撃者が残した“物証”まで飛び出したが、あくまで「問題ない」と言わんばかりの態度で「復興相の職責を全うする」と、改めて辞任を否定した。

 高木大臣が“大臣”のイスにこだわるのには、どうやら自分勝手なワケがあるようだ。

〈福井56 や 14-47〉

 きのうの復興特別委で質問に立った民主党・柚木道義衆院議員(43)が示した“物証”には、鉛筆でこう記されている。

 約30年前に福井・敦賀市内で“パンツ泥”の被害に遭った一軒家に横付けされた車のナンバーを、目撃者がとっさの判断でアイロン台に残したメモ書きだ。週刊誌報道によると、メモのおかげで車の持ち主である“犯人”が高木大臣だと判明したとされる。

 柚木に「この車のナンバーに記憶はないか」と問われた高木大臣は、蚊の鳴くような声で「記憶にありません」と振り絞った。結局、「週刊誌報道の内容全てが事実無根」と言い切ったが、柚木に「ナンバーを運輸局で照会し、疑惑を晴らせ」と言い詰められると「その必要はないと思う」と逃げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事