いまや殺人事件の5割超 「親族殺し」なぜ増加している?

公開日: 更新日:

■刑期は何年?

 一方で、親族殺しの罪が軽くなったのも関係しそうだ。1995年の刑法改正で、死刑、無期懲役刑のみの加重罪だった尊属殺人罪(未遂なども含む)が一般殺人と同様に見直された。

「被害者の暴力に耐えかねてなどの理由があるわけでもなく、自己のわがままで親兄弟を殺害している人間は多い。それなのに親殺しは、1人殺害して刑期は10年程度です。20歳で親を殺しても、30歳前後で刑期を終えるのが現状。残念ながら、親殺しという事の重大さを感じるどころか、『煩わしいやつがいなくなった』としか思わない子どももいるでしょうね」(山口宏弁護士)

 我が子に対しても、腫れ物に触るように接しなくてはならない時代か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  7. 7

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  8. 8

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る