習近平政権に痛恨の一撃 パナマ文書は中国経済の時限爆弾

公開日: 更新日:

 世界中に波紋を広げている「パナマ文書」で名前が挙がった中国の習近平国家主席は、情報統制に必死だ。

「中国内でネット検索すると、『パナマ文書』という言葉はヒットしますが、中国人の名前は一切出てきません。メディアも右へならえです」(在中マスコミ関係者)

 そりゃそうだ。

 政権発足から一貫して「反腐敗」を掲げ、民衆の支持を得てきた習国家主席の姉の夫や、党幹部の親族がタックスヘイブン(租税回避地)を利用していたなんて知れ渡ったら、シャレでは済まされない。中国事情に詳しいジャーナリストの柏木理佳氏が言う。

「ただ、情報統制にも限界があります。ネット上で噂が出回りそうになれば、当局が削除するといういたちごっこが続いていますが、それこそ中国人は世界中にいる。今はSNSがありますし、個人間のやりとりをすべて取り締まることは難しい。都市部だけでなく地方まで情報が広がるのも時間の問題でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る