• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

安倍首相の「新3本の矢」発言を許した大手マスコミの責任

「アベノミクスの3本の矢をもう一度世界レベルで展開させる」

 ゴールデンウイーク中、安倍首相がロンドンで記者会見して語った言葉。ほんでもって、伊勢志摩サミットで、「G7版3本の矢」を提起するんだとか。

 だいたい自国においてもアベノミクス3本の矢の評価は怪しい。いつまで経ってもトリクルダウンが起きないじゃないさ、そうみんなが首をかしげている。しかし、安倍さんは負けない。昨年の9月、「新3本の矢」という言葉を出してきた。「アベノミクスは第2ステージに入った」と宣言して。

 なぜ大手マスコミは「その前の3本の矢はどこいった?」と騒がなかったんだろうか。元祖3本の矢の検証をしっかりせずに、彼の「新3本の矢」という発言をなぜ許した? だから、彼はロンドンでも言ってしまった。今度は世界と。

 そして、英国の新聞に「英国は日本経済で失敗した安倍総理のアドバイスに耳を傾ける価値なし」とまで書かれてしまった。アベノミクス失敗だったじゃん、そんな簡単なこといわせるな、って論調で。恥ずかしいったらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る