• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

安倍首相の「新3本の矢」発言を許した大手マスコミの責任

「アベノミクスの3本の矢をもう一度世界レベルで展開させる」

 ゴールデンウイーク中、安倍首相がロンドンで記者会見して語った言葉。ほんでもって、伊勢志摩サミットで、「G7版3本の矢」を提起するんだとか。

 だいたい自国においてもアベノミクス3本の矢の評価は怪しい。いつまで経ってもトリクルダウンが起きないじゃないさ、そうみんなが首をかしげている。しかし、安倍さんは負けない。昨年の9月、「新3本の矢」という言葉を出してきた。「アベノミクスは第2ステージに入った」と宣言して。

 なぜ大手マスコミは「その前の3本の矢はどこいった?」と騒がなかったんだろうか。元祖3本の矢の検証をしっかりせずに、彼の「新3本の矢」という発言をなぜ許した? だから、彼はロンドンでも言ってしまった。今度は世界と。

 そして、英国の新聞に「英国は日本経済で失敗した安倍総理のアドバイスに耳を傾ける価値なし」とまで書かれてしまった。アベノミクス失敗だったじゃん、そんな簡単なこといわせるな、って論調で。恥ずかしいったらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る