石原都政と状況変わらず 舛添知事「仕事10倍」のデタラメ

公開日:  更新日:

 筋金入りの公金タカリ体質が明るみに出た東京都の舛添要一知事の辞任を求める声は日増しに強まっている。JNNの世論調査によると、先週末の釈明会見に「納得できる」と答えたのはわずか6%。「納得できない」が89%に上った。都知事に「ふさわしくない」との回答が67%を占め、「ふさわしい」の13%を上回った。公私混同がバレても言い訳に終始し、ロクに謝罪もしないのだから当然だろう。

 舛添知事がやたらと主張してきたのが「仕事量」だ。名前こそ出さないものの、石原慎太郎元知事を引き合いに出し、「前の人を批判する気はないが、週に1回しか出てこないとか」などと批判。公金タカリを追及されると、ますますヒートアップし、「24時間365日、都民のために働いている」「(海外出張先で)1日にふたつくらい英語、フランス語で話す。そういうことを1回くらいしかやらない人と10倍差がつく」と言ってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る