• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去に公金不正告発 元側近が語る舛添知事の“薄汚い”本性

「政治とカネ」で火ダルマの舛添都知事。公私の費用をごっちゃにするズサンな感覚にはア然だが、こうした舛添知事の“薄汚い”本性を以前から指摘していた人物がいる。舛添知事の元側近だった元参院議員の矢野哲朗氏だ。

 矢野氏は、舛添知事が2010年に立ち上げた「新党改革」の代表代行を務めた。しかし、その後、党が役員会の承認もなく、銀行から2億5000万円を勝手に借り入れるなど不透明なカネの流れが判明。さらにその借金を政党助成金や立法事務費で返済していた疑いがあるとして、矢野氏は複数回にわたって舛添知事に会計報告を求めたものの、一切応じなかったという。

 舛添知事が14年の都知事選に出馬表明した際、本紙の取材に「いずれ前任者(猪瀬直樹前知事)と同じ事態になる」と予言していた矢野氏。あらためて今回の騒動について話を聞くとこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る