• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

核ミサイルの兆候に緊迫 圧力で北朝鮮が屈服するのか

 北朝鮮が10日、朝鮮労働党創建71年の記念日を迎え、日本のメディアは「北が不穏な動きを強めている」と大騒ぎである。

 節目の行事に合わせ、ミサイル発射に核実験と挑発行為を繰り返すのが、かの国のパターンだ。通算5回目の核実験を強行した先月9日も北朝鮮…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事