• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

当たり前の“習慣”なのに…捕獲ハブ「保管」で逮捕の裏側

「不当逮捕です!」

 “ハブ捕り名人”の代理人弁護士は怒り心頭だ。

 出荷待ちのため、捕獲したハブを自宅で無許可で保管したとして、今月1日、動物愛護法違反容疑で警視庁に逮捕された沖縄県名護市のハブ捕獲業、Aさん(60)。同県内のハブ酒メーカーや都内のヘビ料理店に出荷していたが、納品までの間に自宅のオリで保管したり、空輸するために冷蔵庫で冷凍したことが「無許可飼育」とみなされたという。

 当然ながら、Aさんは納得がいかない。

「『どうぞ、どうぞ』って一時保管してるハブを見せたら『飼育だ』と言われ、驚きました。普段は夕方からハブ猟に出て朝方帰宅し、午前中、買い取り業者に納品します。朝7時にいきなり4人の刑事が来て、6時間も事情聴取されたため納品できなかったので抗議したところ、『これも罪になる』と言うのです。自宅で4回、事情聴取に応じた後、『もう沖縄に来ることはない。書類送検になる』と言いながら、その後、逮捕状を持ってきたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る