• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DV男やゲイ買春も 自民都連がGW明け“凄絶ネガキャン”開始

 小池新党50VS自民党45――。自民都連が調査会社に依頼したとの触れ込みで、都議選の最新議席予想が出回っている。目立つのは、小池人気に押されっぱなしだった都議会自民の党勢回復だ。一時は現有57議席からの半減も危ぶまれたが、長年選挙協力してきた公明党まで小池サイドに寝返ると、なりふり構わず。豊洲問題をあげつらった“決められない知事”というレッテル貼りが奏功した格好だ。味をしめた自民はいよいよGW明けから、小池新党へのえげつないネガティブキャンペーンを始めるようだ。

 小池新党「都民ファーストの会」(都F)の公認候補30人のうち、自民出身が3分の1を占める。かつては同じ釜の飯を食った仲だ。自民都連は当然、彼らの“弱み”をガッチリ握っている。

「女優の平愛梨の弟で、板橋選挙区から出る都Fの平慶翔候補は自民党都連の下村博文会長の元公設秘書。週刊新潮にカネ絡みの不祥事を報じられて発行元を訴えましたが、ホンの序の口です。都Fに走った元自民都連のメンバーには、スネに傷を持った連中も数多くいます。嫁さんに暴力を振るうDV男で、過去には自宅にパトカーが出動する騒ぎを起こしたヤツもいれば、女性との痴情のもつれを事務所のカネで解決させたようなヤツ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る