北挑戦の軍事的緊張で“ちゃっかり儲けている”のは誰だ?

公開日:  更新日:

 大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に続き、水爆とみられる核実験も強行。北朝鮮のカリアゲ君、金正恩委員長(33)を“ムチャなアンちゃんやな”と怒っている人も多いが、騒動に乗じてうまい汁を吸っている連中もいる。まずは北朝鮮有事で「ちゃっかり儲けている人」たちだ。

 今月3日の水爆とみられる核実験後、「日経平均」「NYダウ」「韓国総合」の株価は仲良く下落。その一方で、部外者の「上海総合」は着実に値上がりしている。中国の個人投資家がニンマリしている姿がニュースでも伝わってくる。

「もちろん、日経平均が軒並み下落かというと違います。防衛関連銘柄は好調で、『石川製作所』『豊和工業』『三菱重工業』などは安定的に上昇しています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 石川製作所は普段、段ボールの印刷機を地道に製造しているが、自動で目標に近づく忍者のような機雷も製造しており、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した7月以降、株価が120%も上昇した。自動小銃を製造する豊和工業の株価も25%ほどアップ。両社の社員は今から冬のボーナスが楽しみに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る