1等陸佐の警告7年放置 北朝鮮「電磁パルス攻撃」の恐怖

公開日:

 6回目の核実験を強行した北朝鮮が開発成功を主張する「電磁パルス攻撃」(EMP攻撃)が、世界を震撼させている。高度30~400キロの上空で起こした核爆発で広範囲の電子機器を損壊し、都市機能を壊滅に追い込むとされる。小野寺防衛相によると、3日の水爆実験の爆発規模は160キロトン(TNT火薬換算)。その10分の1以下の10キロトンで、EMP攻撃の影響範囲は日本全土を覆う半径1100キロに達するというから恐ろしい。

 安倍首相の再登板以降、6年連続で防衛費は増大。2018年度予算の概算要求は過去最大の約5・3兆円に膨張したが、EMP攻撃への備えはほぼ皆無だ。防衛装備庁によれば、03年からの4年間で「装備品の電子機器の防護技術に関する研究」の試作品費として2億円を計上しただけだという。

「冷戦時代に策定された日本の防衛方針は、ソ連の侵攻を通常兵器で反撃する想定です。米国の核の傘に守られていることから核攻撃される前提を取っておらず、重要インフラに対するシールド(遮蔽)もなされていない」(軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る