1等陸佐の警告7年放置 北朝鮮「電磁パルス攻撃」の恐怖

公開日:

 6回目の核実験を強行した北朝鮮が開発成功を主張する「電磁パルス攻撃」(EMP攻撃)が、世界を震撼させている。高度30~400キロの上空で起こした核爆発で広範囲の電子機器を損壊し、都市機能を壊滅に追い込むとされる。小野寺防衛相によると、3日の水爆実験の爆発規模は160キロトン(TNT火薬換算)。その10分の1以下の10キロトンで、EMP攻撃の影響範囲は日本全土を覆う半径1100キロに達するというから恐ろしい。

 安倍首相の再登板以降、6年連続で防衛費は増大。2018年度予算の概算要求は過去最大の約5・3兆円に膨張したが、EMP攻撃への備えはほぼ皆無だ。防衛装備庁によれば、03年からの4年間で「装備品の電子機器の防護技術に関する研究」の試作品費として2億円を計上しただけだという。

「冷戦時代に策定された日本の防衛方針は、ソ連の侵攻を通常兵器で反撃する想定です。米国の核の傘に守られていることから核攻撃される前提を取っておらず、重要インフラに対するシールド(遮蔽)もなされていない」(軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る