側近が事務方トップに 小池都知事“死んだふり”で虎視眈々

公開日:

 希望の党が10日、両院議員総会で共同代表を選出。衆院選惨敗後、代表の小池百合子都知事は「都政に邁進する」「国政の運びは国会議員が中心になる」と言ってきたので、「これで肩の荷がおりる」(都政関係者)という見方もあるが、本当にそうなのか。

「小池さんはこれからも国政に影響力を残す気ですよ」と言うのは、小池知事に近い永田町関係者だ。こう続ける。

「実は、希望の党の事務方トップに小池さんの側近が就いているのです。都知事の政務担当特別秘書・宮地美陽子氏の夫で元新聞記者。もともと彼の方が以前から小池さんに近く、その関係もあって奥さんが特別秘書になったという経緯があります。彼は今回の衆院選でも希望の党の事務局を仕切っていました。さらに、小池さんの秘書のひとりも希望の党の事務局に入っています。つまり、カネの使い方も含めて、小池さんが引き続き党運営に関与するということ。『創業者は私だ』ということですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る