セクハラ騒動も打撃に 都議会小池与党は“草刈り場”と化す

公開日: 更新日:

 徐々に“分裂”が現実味を帯びてきた。2日発売の写真週刊誌「フライデー」が、「都民ファーストの会(都F)」の米川大二郎都議の「セクハラ・パワハラ」疑惑を報じ、騒動になっている。記事によると、米川は12日投票の葛飾区議選で都Fが公認予定だった元秘書・蔦絵梨奈氏に対し、長時間体を密着させたり、手を握るなどセクハラを働いた。「公認を取り消すぞ」と蔦氏を恫喝したこともあったという。

 報道当日、米川は副委員長を務める文教委員会を「体調不良」との理由で欠席。マスコミ対応した都Fの増子博樹幹事長は「米川さんからは記事の内容は事実と違うと報告があった。どちらの主張が正しいか、見極める」と説明すると同時に「今後の地方選挙に影響するだろうなぁ」と頭を抱えていた。

「都議選での都F支持層は女性が多かった。セクハラ報道はイメージが悪く、肝心の女性支持者が離れていく可能性があります」(都政記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る