企業の不正続々…「日立」エレベーター約1万7000台不適合

公開日:  更新日:

 大手企業の不正問題が続いている。19日は日立製作所が、子会社で扱うエレベーターの安全装置の一部が国土交通省の認定に適合していなかったと発表した。

 不適合エレベーターは設置済みと工事中を合わせ、約1万1700台に上る。速度監視やブレーキなど、扉が開いたままエレベーターが動いた時に停止させる安全装置の仕様が認定と異なっていた。

 日立によると、不適合エレベーターについては、国交省指定の評価機関から安全性に問題はないとの見解を得た。安全性確認後、実際に販売した仕様で認定を取り直した。

 三菱マテリアルも同日、グループの三菱電線工業で新たに銅製品で検査データの改ざんが見つかったと公表。携帯電話やノートパソコンなど電子部品のモーターに巻かれる銅製ワイヤの被膜の厚さなどでデータ改ざんがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る