中国を用心棒に 金正恩「電撃訪中」で米朝会談どうなる?

公開日:

 これまで金正恩は国内から一歩も出ることなく、“引きこもり”状態だった。理由は暗殺を恐れているとも、不在時にクーデターが起きるのを警戒しているとも言われた。それが君子豹変。外交舞台に躍り出たことになる。

 金正恩は米朝会談の前に韓国とも南北首脳会談を行う予定だ。その前後にプーチンとも会うとなれば、国際情勢は大きく変わる。気になるのは、トランプがどう出てくるのかだ。

「トランプ大統領にとって心配の種が増えたことになります。これまで中国は味方だと思っていたのに、金委員長と握手して寝返ってしまったと、かなりの心理的プレッシャーを受けているはずです」(辺真一氏)

 ほんの3カ月前、国際社会で孤立していた北朝鮮は、一気に中、ロ、韓の3カ国に接近している。北がこの3カ国を抱き込んで連合体となり、トランプがその威勢を警戒して米朝会談で妥協すれば、日本だけが取り残されることになる。圧力一辺倒でやってきた“安倍外交”は、また失敗に終わる可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る