• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国を用心棒に 金正恩「電撃訪中」で米朝会談どうなる?

 これまで金正恩は国内から一歩も出ることなく、“引きこもり”状態だった。理由は暗殺を恐れているとも、不在時にクーデターが起きるのを警戒しているとも言われた。それが君子豹変。外交舞台に躍り出たことになる。

 金正恩は米朝会談の前に韓国とも南北首脳会談を行う予定だ。その前後にプーチンとも会うとなれば、国際情勢は大きく変わる。気になるのは、トランプがどう出てくるのかだ。

「トランプ大統領にとって心配の種が増えたことになります。これまで中国は味方だと思っていたのに、金委員長と握手して寝返ってしまったと、かなりの心理的プレッシャーを受けているはずです」(辺真一氏)

 ほんの3カ月前、国際社会で孤立していた北朝鮮は、一気に中、ロ、韓の3カ国に接近している。北がこの3カ国を抱き込んで連合体となり、トランプがその威勢を警戒して米朝会談で妥協すれば、日本だけが取り残されることになる。圧力一辺倒でやってきた“安倍外交”は、また失敗に終わる可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る