キーパーソンは女ばかり…金正恩の“ドス黒いまでの孤独”

公開日: 更新日:

 米朝対話をめぐる駆け引きに躍起の北朝鮮に新たな動きだ。対米交渉や核問題を担当する外務省の崔善姫北米局長が次官に昇格した。

 崔善姫は1964年生まれで、首相経験のある高級官僚の崔永林氏の養女だ。オーストリアやマルタ、中国などに留学していて海外経験は豊富。80年代後半に外務省入りし、2003年に始まった6カ国協議で首席代表の通訳として国際舞台にデビュー。09年のクリントン米元大統領の訪朝でも通訳を担当した。

「崔善姫氏は『出身成分』も申し分ないですが、〈上司より偉い通訳〉の異名を取った実力者。第2回以降の6者協議首席代表だった金桂寛氏の発言を勝手に意訳して伝えたとか、北米局長がエコノミーなのにビジネス席に搭乗したなどの逸話があるほどです。金正恩朝鮮労働党委員長の側近とみられています」(韓国メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る