キーパーソンは女ばかり…金正恩の“ドス黒いまでの孤独”

公開日:

 米朝対話をめぐる駆け引きに躍起の北朝鮮に新たな動きだ。対米交渉や核問題を担当する外務省の崔善姫北米局長が次官に昇格した。

 崔善姫は1964年生まれで、首相経験のある高級官僚の崔永林氏の養女だ。オーストリアやマルタ、中国などに留学していて海外経験は豊富。80年代後半に外務省入りし、2003年に始まった6カ国協議で首席代表の通訳として国際舞台にデビュー。09年のクリントン米元大統領の訪朝でも通訳を担当した。

「崔善姫氏は『出身成分』も申し分ないですが、〈上司より偉い通訳〉の異名を取った実力者。第2回以降の6者協議首席代表だった金桂寛氏の発言を勝手に意訳して伝えたとか、北米局長がエコノミーなのにビジネス席に搭乗したなどの逸話があるほどです。金正恩朝鮮労働党委員長の側近とみられています」(韓国メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る