• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北「聖地」で発見…金正恩批判の落書きはCIAの揺さぶりか

 北朝鮮の「落書き」が話題になっている。

 デイリーNKジャパンによると、今月1日、平壌市内の「4・25文化会館」の壁で金正恩を批判する落書きが発見されたという。この施設は金日成主席が抗日パルチザンを創設したとされる1932年4月25日にちなんで命名。北朝鮮で最も政治的な重要度が高い施設のひとつとされる。

「金正恩氏は国家保衛省(秘密警察)や保衛司令部などの職員を政治・思想的に武装する集中学習を1カ月間行うよう指示したそうです。誰が落書きしたかは不明ですが、北の市民に金正恩氏への不満がたまっていることは間違いないでしょう」(デイリーNKジャパン編集長の高英起氏)

 前代未聞の「聖地」への落書きだ。誰が、何の目的でやったのか。

「韓国の工作員も北に入っていますが、文在寅大統領は平和路線を唱えているので、彼らがこんな挑発をするとは考えにくい。むしろ米国が怪しいと思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る