北「聖地」で発見…金正恩批判の落書きはCIAの揺さぶりか

公開日:

 北朝鮮の「落書き」が話題になっている。

 デイリーNKジャパンによると、今月1日、平壌市内の「4・25文化会館」の壁で金正恩を批判する落書きが発見されたという。この施設は金日成主席が抗日パルチザンを創設したとされる1932年4月25日にちなんで命名。北朝鮮で最も政治的な重要度が高い施設のひとつとされる。

「金正恩氏は国家保衛省(秘密警察)や保衛司令部などの職員を政治・思想的に武装する集中学習を1カ月間行うよう指示したそうです。誰が落書きしたかは不明ですが、北の市民に金正恩氏への不満がたまっていることは間違いないでしょう」(デイリーNKジャパン編集長の高英起氏)

 前代未聞の「聖地」への落書きだ。誰が、何の目的でやったのか。

「韓国の工作員も北に入っていますが、文在寅大統領は平和路線を唱えているので、彼らがこんな挑発をするとは考えにくい。むしろ米国が怪しいと思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る