• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「是正勧告してもいい」 東京労働局長がマスコミを“恫喝”

「何なら皆さんの会社に行って、是正勧告してもいいんだけど」――。厚労省の勝田智明東京労働局長が監督指導権限をチラつかせてマスコミを“恫喝”だ。

 問題発言は30日の定例記者会見で、同局が昨年12月に野村不動産に対し裁量制を違法適用したとして特別指導した件に関する質疑の際に飛び出した。

 野村不動産への特別指導は過労自殺した同社男性社員の遺族が労災申請をしたことがきっかけだったにもかかわらず、厚労省はこれまで「個人情報の保護」を建前に、その経緯や理由の説明を拒絶。会見でも特別指導に関する質問が相次いだ。これに対し勝田氏は「ノーコメント」を繰り返した揚げ句、冒頭の暴言を吐いたのだ。

 発言の真意を問われると「多くのマスコミでも、違反がないわけではないんでね」「みなさんの会社も労働条件に関して、決して真っ白ではないでしょう」などと発言し、この問題を追及する報道機関に露骨に圧力をかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る