中国を用心棒に 金正恩「電撃訪中」で米朝会談どうなる?

公開日: 更新日:

 北朝鮮の金正恩委員長が中国を訪問、習近平国家主席と会談したニュースに世界はビックリだ。突然の訪中の裏には金正恩の米国への“恐怖”があったようだ。

 今月13日、米トランプ大統領は穏健派のティラーソン国務長官を更迭し、CIA長官のマイク・ポンペオを後任に指名した。マクマスター補佐官を解任し、ジョン・ボルトンを後任に充てる方針も打ち出した。ポンペオもボルトンも北朝鮮に対する強硬派だ。トランプがこの2人を抜擢したことで、金正恩が米軍の攻撃に怯えたのは間違いない。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う。

「金正恩委員長が『私の電撃的な訪問』と語ったことから、今回の訪中は1週間くらいで急きょ決まったものと思われます。習近平主席の再選にわずか3行の祝電しか打たなかった金委員長がいきなり妻同伴で訪中した理由は、中国を“用心棒”にしたかったからでしょう。5月に開催されるという米朝首脳会談を前に、中国との良好な関係をトランプ大統領に見せつけようとしたのだと思う。金委員長は近くロシアのプーチン大統領とも会うはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る