• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国を用心棒に 金正恩「電撃訪中」で米朝会談どうなる?

 北朝鮮の金正恩委員長が中国を訪問、習近平国家主席と会談したニュースに世界はビックリだ。突然の訪中の裏には金正恩の米国への“恐怖”があったようだ。

 今月13日、米トランプ大統領は穏健派のティラーソン国務長官を更迭し、CIA長官のマイク・ポンペオを後任に指名した。マクマスター補佐官を解任し、ジョン・ボルトンを後任に充てる方針も打ち出した。ポンペオもボルトンも北朝鮮に対する強硬派だ。トランプがこの2人を抜擢したことで、金正恩が米軍の攻撃に怯えたのは間違いない。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う。

「金正恩委員長が『私の電撃的な訪問』と語ったことから、今回の訪中は1週間くらいで急きょ決まったものと思われます。習近平主席の再選にわずか3行の祝電しか打たなかった金委員長がいきなり妻同伴で訪中した理由は、中国を“用心棒”にしたかったからでしょう。5月に開催されるという米朝首脳会談を前に、中国との良好な関係をトランプ大統領に見せつけようとしたのだと思う。金委員長は近くロシアのプーチン大統領とも会うはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る