仏弁護士ら ゴーン長期勾留は国連の自由権規約違反と非難

公開日: 更新日:

 人質司法をやめろ!――。会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長ゴーン被告について、フランスの弁護士約50人が、逮捕を繰り返して長期勾留を続ける日本の捜査当局の手法を批判した。

 弁護士は23日付のルモンド紙に連名で寄稿。それによると、日本では起訴前の拘束期間が最大23日あるとし、その間、容疑者は弁護士の立ち会いを認められないまま取り調べを強いられ、弁護士は捜査当局の資料閲覧もできないと指摘。さらに再逮捕を繰り返すことで勾留期間が世界的に見ても長期にわたり、弁護権の行使が遅れると批判。裁判前は拘束を原則とするべきではないとする国連の自由権規約(日本も批准)に違反すると非難している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る