安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

公開日: 更新日:

 安倍政権が芸能界に露骨にスリ寄り、大ヒンシュクを買っている。

 4月20日、安倍首相は現役首相として初めて、なんばグランド花月で「吉本新喜劇」に出演。「四角い仁鶴がまーるく収める」などとギャグを口にしたものの、「場内の反応はイマイチでスベっていた」と報じられたのは記憶に新しい。

 出演の目的は「G20大阪サミット」のPRだったが、官邸が吉本に呼びかけ、吉本サイドがこれを受け入れたという。

 これにまっ先に異を唱えたのが吉本所属の芸人、ウーマンラッシュアワーの村本大輔。〈おれは芸人だから総理大臣をこき下ろしても総理大臣を持ち上げて当たり障りのない時間は作らない〉とツイッターで反応した。

 話は続く。6月6日、今度は吉本所属の西川きよし(72)、池乃めだか(75)らが首相官邸を表敬訪問。新喜劇出演の“お礼”として、官邸で吉田裕(40)とすっちー(47)の持ちネタ「乳首ドリル」を披露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る