安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

公開日: 更新日:

 安倍政権が芸能界に露骨にスリ寄り、大ヒンシュクを買っている。

 4月20日、安倍首相は現役首相として初めて、なんばグランド花月で「吉本新喜劇」に出演。「四角い仁鶴がまーるく収める」などとギャグを口にしたものの、「場内の反応はイマイチでスベっていた」と報じられたのは記憶に新しい。

 出演の目的は「G20大阪サミット」のPRだったが、官邸が吉本に呼びかけ、吉本サイドがこれを受け入れたという。

 これにまっ先に異を唱えたのが吉本所属の芸人、ウーマンラッシュアワーの村本大輔。〈おれは芸人だから総理大臣をこき下ろしても総理大臣を持ち上げて当たり障りのない時間は作らない〉とツイッターで反応した。

 話は続く。6月6日、今度は吉本所属の西川きよし(72)、池乃めだか(75)らが首相官邸を表敬訪問。新喜劇出演の“お礼”として、官邸で吉田裕(40)とすっちー(47)の持ちネタ「乳首ドリル」を披露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る