開催発表も中止に…ゴーンが“幻の会見”で伝えたかったこと

公開日: 更新日:

 あっという間にキャンセルだ。28日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が、昨年11月の逮捕以来初めての記者会見を開くと発表したものの、わずか3時間半後に中止する珍事があった。

 午後2時すぎ、主催者の日本外国特派員協会から、夜9時からの会見開催が発表されるとメディアは一斉に報道。さまざまな臆測が広がった。

「夜9時というのはちょうど欧州の昼の時間」「大阪G20に合わせ、日本の刑事司法のヒドさを世界の首脳にアピールする狙いか」「“陰謀”を主導した日産幹部の実名を口にするのではないか」――。ところが、一転、中止になり、空騒ぎになってしまった。

 ゴーンの弁護人は「家族の強い反対」を理由に挙げている。ということは、ゴーンは事前にキャロル夫人の了解を取らずに会見開催を発表し、報道で知った夫人が慌てて反対し中止になったことになる。会見の開催という“重要事項”を相談できないほど、ゴーン夫妻は引き裂かれているということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る