ルノー「採決棄権」の裏に日産・西川社長の保身“悪あがき”

公開日: 更新日:

 仏ルノーが再び日産自動車への攻勢を強めている――。ルノーは日産の西川広人社長に宛てた書簡(7日付)で、25日の日産の株主総会に諮られる経営改革案に「棄権」する意向を表明。日産のガバナンス改善に賛成していたルノーの“変わり身”に、西川社長は「ガバナンス強化の動きに完全に逆行するもの」とカンカンだが、自らの責任はすっかり棚に上げているようだ。

 ルノーの棄権によって、両社の関係悪化は必至である。

「ルノーの狙いは、経営改革によって日産の大株主としての影響力が低下するのを防ぐこと、そして、日産に経営統合を巡る交渉再開のプレッシャーをかけることです。ルノーが今、攻勢を強めている理由は、西川社長を含め日産経営陣に不信感を抱いているからです」(経済ジャーナリストの井上学氏)

■「指名委人事」ヒタ隠しで不信感

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る