三宅雪子
著者のコラム一覧
三宅雪子ルポライター

1965年3月5日、米国ワシントン生まれ。玉川学園女子短期大学、共立女子大学を卒業後、民放テレビ局に21年間勤務。元衆議院議員。 父は三宅和助元シンガポール大使、祖父は石田博英元官房長官。著書に「福祉と私 ~『支えあう社会』を国政の場から~」

ついに内紛…仲間割れの様相でも目を覚まさぬ高齢者たち

公開日: 更新日:

 ネトウヨブログ「余命三年時事日記」が呼びかけた弁護士大量懲戒請求事件がネトウヨ界で波紋を呼んでいる。いや、波紋というより“内輪揉め”と表現した方がいいかもしれない……。

 荒唐無稽のロジックで在日コリアンに対する罵詈雑言を書き連ねていた余命氏が、ネトウヨ界で相手にされなくなりつつあるというのだ。

 当初、ネトウヨ界はおおむね「余命支援」の空気だったという。ところが、余命氏が「懲戒請求は匿名でできる」と読者を騙して懲戒請求させた揚げ句、読者が提訴されたことに責任をとろうとしない態度が批判されるようになってきた。ネトウヨの論客たちが「自分たちとは違う」と距離を置き始めたのだ。

 なかでも“余命叩き”の急先鋒とみられているのが差別的なイラストで知られる女性イラストレーターだ。早い段階からツイッターを使って余命批判を展開している。一部を引用してみよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る