室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

公開日: 更新日:

「昭和天皇は私の親戚である。その昭和天皇を侮蔑し名誉を毀損する展示に対して私は深く傷ついた。皇族方の多くも同じように傷ついたに違いない。」(竹田恒泰

 これは10月10日の竹田恒泰氏のTwitterの言葉。「あいちトリエンナーレ」「表現の不自由展・その後」の、昭和天皇の肖像を燃やすような映像の展示についての意見。

 私は天皇の親戚だ、皇族はこう思ってる、というこの人の発言をこのまま許しておいていいのか?

 竹田氏は隣国ヘイト発言も激しい。まさかそれが皇族の人たちの意見だとは思わないが、こういうことを許しておくと誤解される危険だってある。

 あたしは竹田恒泰氏が世に出て発言するほうが、皇族の方によっぽど迷惑だと思うけど。

 先の戦争で死ななくてもいい人がたくさんの命が失われた。昭和天皇はその時代の象徴。普通の個人ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る