室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

公開日: 更新日:

「昭和天皇は私の親戚である。その昭和天皇を侮蔑し名誉を毀損する展示に対して私は深く傷ついた。皇族方の多くも同じように傷ついたに違いない。」(竹田恒泰)

 これは10月10日の竹田恒泰氏のTwitterの言葉。「あいちトリエンナーレ」「表現の不自由展・その後」の、昭和天皇の肖像を燃やすような映像の展示についての意見。

 私は天皇の親戚だ、皇族はこう思ってる、というこの人の発言をこのまま許しておいていいのか?

 竹田氏は隣国ヘイト発言も激しい。まさかそれが皇族の人たちの意見だとは思わないが、こういうことを許しておくと誤解される危険だってある。

 あたしは竹田恒泰氏が世に出て発言するほうが、皇族の方によっぽど迷惑だと思うけど。

 先の戦争で死ななくてもいい人がたくさんの命が失われた。昭和天皇はその時代の象徴。普通の個人ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る