室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

首相発言の矛盾については読者が勝手に解釈で、ってやつ?

公開日: 更新日:

「害虫の被害拡大により、代替飼料を民間が前倒し購入する。トウモロコシはその多くが米国から購入されているため、前倒し購入が期待されるが、購入を約束や合意した事実はない」(安倍晋三首相)

 これは7日の衆議院本会議で、トランプ米国大統領に米国さんのトウモロコシ購入を約束したんかどうか、と質問に立った立憲民主党の枝野幸男代表に聞かれた答え。

 枝野代表が、

「病害虫被害が理由だとされているが、購入額を含め約束した具体的な中身と、合意の理由は何か」

 と聞いた。安倍首相は、

「(前略)防除やまん延防止対策に全力を挙げており、総被害量を見通すことは困難だ」

 だって。えーっ、被害額を見通せないのに、アメリカからトウモロコシ補填しようとすんだ? 自分の金を使うなら、こういうこと絶対にないわな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る