孫崎享
著者のコラム一覧
孫崎享外交評論家

1943年、旧満州生まれ。東大法学部在学中に外務公務員上級職甲種試験(外交官採用試験)に合格。66年外務省入省。英国や米国、ソ連、イラク勤務などを経て、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大教授を歴任。93年、「日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか」で山本七平賞を受賞。「日米同盟の正体」「戦後史の正体」「小説外務省―尖閣問題の正体」など著書多数。

日米の指導者は虚偽で他者を攻撃することが常態化している

公開日: 更新日:

 日本の大手メディアは、安倍首相とトランプ大統領が親密であることを礼賛している。これは世界的に見て特異だ。多くの国では、トランプ大統領には厳しい評価を行っている。

 安倍首相とトランプ大統領には共通性がある。批判者に対する敵意を前面に打ち出し、排除するための権謀術策を駆使し、攻撃する際には虚偽を述べることに何の躊躇もしない点である。

 今春、ニューヨーク・タイムズ紙はトランプ大統領がツイッター上で侮辱した人物、場所、事実は598に上ると報じた。さらに、ピュリツァー賞を2回受賞している漫画家のポール・スゼップは最近の漫画で、トランプ大統領はツイッターで自己礼賛を2000回以上行っている、と描いた。

 トランプ大統領の特徴は虚偽をあたかも真実のように述べることであり、米国人の多くがこの点を見抜いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る