孫崎享
著者のコラム一覧
孫崎享外交評論家

1943年、旧満州生まれ。東大法学部在学中に外務公務員上級職甲種試験(外交官採用試験)に合格。66年外務省入省。英国や米国、ソ連、イラク勤務などを経て、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大教授を歴任。93年、「日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか」で山本七平賞を受賞。「日米同盟の正体」「戦後史の正体」「小説外務省―尖閣問題の正体」など著書多数。

警察予備隊の発足時から今も続く憲法改正の動きと米国の影

公開日: 更新日:
久里浜訓練所で整列する警察予備隊の隊員たち(C)共同通信社

 今年2月にベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談は合意なしに終わった。その後、米朝実務者協議がストックホルムで開催されたが、北朝鮮の金明吉首席代表は5日の会見で、「協議は我々の期待にそぐわず、決裂した」と語った。

 その数日前の9月30日に行われた…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る