菅長官“過去の発言”が大炎上「記録残さないのは背信行為」

公開日: 更新日:

 内閣府が廃棄したとする「桜を見る会」の招待者名簿の電子データについて、菅官房長官が「復元できない」と強弁し、猛批判を招いている。そんな中、菅長官が公文書の重要性をいかに軽視しているかを示す動画がSNSで拡散され、話題を呼んでいる。

 問題の動画は2017年8月8日の会見の際のもの。加計学園問題を巡り、過去の政府のワーキンググループで学園側の発言が議事録に記されていなかったことについて、男性記者が菅長官の著書の内容を念頭に、「ある政治家は『政府があらゆる記録を克明に残すのは当然』で、『その作成を怠ったことは国民への背信行為』と言っている。発言したのはどなたかご存じか」と皮肉たっぷりに質問した。

 すると、菅長官は苦い表情を浮かべ「知りません」と一言。さらに「これ、官房長官の著作に書かれているんですが」と追及されると、「あのー、私は(記録を)残していると思いますよ」と伏し目がちに返答するしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る