自民パーティー動員常態化 県職員“無報酬タダ飯”ともにOUT

公開日: 更新日:

 江藤拓農相ら宮崎県選出の自民党国会議員の政治資金パーティーで、県職員が手伝っていた問題。県東京事務所によると、2016年からこれまでに、江藤氏の他、松下新平、長峯誠両参院議員のパーティー計9件で手伝い、それぞれ数人の職員が受け付けや会場誘導を行っていた。

「東京事務所の使命は情報収集。パーティーは絶好の機会です。出席は公務の延長と言えますが、パーティーは昼の休息時間や就業時間以降の時間帯で、もちろん県から時間外手当は払われていません。また、手伝いに対して議員からの報酬はない。パーティーの会費は払っていません」(県東京事務所)

 ここで疑問が湧く。報酬なしの手伝いは、政治家に労務を“寄付”したことにならないのか――。総務省は、一般論として「労務の対価を支払うのが社会通念上、相当である場合は寄付にあたります」(政治資金課)と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る