また私物化疑惑…安倍首相「等身大パネル」選挙区内に設置

公開日: 更新日:

 首相主催の「桜を見る会」を自身の政治活動に利用していた疑いが指摘されている安倍首相のお膝元で、新たな公選法違反と公金私物化の疑惑が浮上した。総理大臣の在職日数が歴代最長となったのを記念して下関市内の複数箇所に設置された安倍首相の等身大パネルのことだ。

 安倍首相は20日に在職日数が計2887日となり、桂太郎元首相(2886日)を超えて憲政史上最長となった。

 これを受け、安倍首相の地元・下関市内の企業らが加盟する「下関観光コンベンション協会」(冨永洋一会長)は、リオ五輪閉会式で話題となったスーパーマリオや、巌流島の決闘に臨む宮本武蔵、フグの調理人、長州藩士の高杉晋作などに扮した安倍首相の顔写真を使った等身大パネル(高さ約1・8メートル)を9種類作製(製作費計約18万円)。

 21日から、「道の駅北浦街道ほうほく」や「海峡メッセ下関ゆめタワー」「唐戸市場」など市内9カ所に、来年1月13日までの予定で設置した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る