宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。近著に「黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル: 「反イラン枢軸」の暗部」(平凡社新書)。

「独裁者に死を!」イランに吹き荒れる若者のデモの実態

公開日: 更新日:

 1月8日に発生したウクライナ航空機墜落について、イラン政府は当初事故としていたものを、米国の反撃に備えていたイラン軍が誤って撃墜したことを認めた。すると、イラン国内ではそれに抗議するデモが発生するようになった。ハメネイ最高指導者に対して「独裁者に死を!」というスローガンが唱えられるのは異例のことである。イランでは、革命後「米国に死を!(マルグ〔死〕・バル〔~の上に〕・アムリカ〔アメリカ〕)」というスローガンは革命記念日などで唱えられてきた。「マルグ・バル~」は敵対する勢力に対する最も激しい罵りの言葉である。

 反米は革命のシンボルで、革命で倒れたイランの国王独裁体制は、1953年の米国CIAが支援して行われたクーデーターで成立した。CIAは国王の弾圧装置である秘密警察SAVAKの創設やその活動に協力し、また米国製の武器購入が国家予算の40%を構成するようになり、さらに米軍関係者たちがイスラムの保守的価値観と相違する米国の「腐敗文化」をイラン社会にもたらしたことが、革命の反米イデオロギーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る