堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

アイオワ州で首位 民主党の星ブダジェッジは"熱量"が違う

公開日: 更新日:

 4年に1度の祭りがやってきた。

 祭りの最初は米国のほぼ中央に位置するアイオワ州。次に北東部のニューハンプシャー州に続き、6月初旬まで全米50州で予備選が行われる。

 米有権者は今年、2回投票所に足を運ぶ。最初が予備選で、2度目は11月3日の本選挙である。予備選は共和・民主両党がそれぞれの代表候補を決める選挙だが、共和党は現職ドナルド・トランプ大統領が「無風選挙」で代表になることはほぼ確実だ。

 一方の民主党は38歳のピート・ブダジェッジ候補がアイオワ州で首位を奪い、勢いに乗る。ニューハンプシャー州南部のナシュア市では9日、同候補の政治集会が行われた。地元の高校の体育館に1800人が詰めかけ、「ピートを大統領に!」と大合唱。同党関係者は「今回の選挙でこれだけの人を集めたのは彼だけ」と人気ぶりを興奮気味に話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る