トランプ再選阻むか 民主党ブダジェッジの「爆発力」

公開日: 更新日:

 下院で訴追され史上3人目の「弾劾大統領」となったトランプは、休暇を過ごしているフロリダの別荘でイライラしているらしい。来年の年明けすぐにも始まると思われた上院の弾劾裁判の日程が決まらないからだ。

 議員100人の上院は共和党が53人で過半数を占める。大統領の罷免には3分の2の賛成が必要で、トランプの無罪判決はほぼ確実。しかし、民主党としては、ボルトン前大統領補佐官らかつての側近を証人に呼び、少しでもトランプにダメージを与えたい。それで、両党間で裁判の進め方をめぐる綱引きが繰り広げられているのだ。

「いずれにしても、無罪となれば、トランプ大統領に追い風となるのは間違いありません。民主党が弾劾でトランプ大統領を攻めれば攻めるほど、逆にトランプ信者が支持を強め、共和党が結束を固めるという状況です。弾劾裁判が結果的にトランプ再選を後押しすることになりかねません」(国際ジャーナリスト・堀田佳男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る