トランプ再選阻むか 民主党ブダジェッジの「爆発力」

公開日: 更新日:

 下院で訴追され史上3人目の「弾劾大統領」となったトランプは、休暇を過ごしているフロリダの別荘でイライラしているらしい。来年の年明けすぐにも始まると思われた上院の弾劾裁判の日程が決まらないからだ。

 議員100人の上院は共和党が53人で過半数を占める。大統領の罷免には3分の2の賛成が必要で、トランプの無罪判決はほぼ確実。しかし、民主党としては、ボルトン前大統領補佐官らかつての側近を証人に呼び、少しでもトランプにダメージを与えたい。それで、両党間で裁判の進め方をめぐる綱引きが繰り広げられているのだ。

「いずれにしても、無罪となれば、トランプ大統領に追い風となるのは間違いありません。民主党が弾劾でトランプ大統領を攻めれば攻めるほど、逆にトランプ信者が支持を強め、共和党が結束を固めるという状況です。弾劾裁判が結果的にトランプ再選を後押しすることになりかねません」(国際ジャーナリスト・堀田佳男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  5. 5

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る